がしんしんと降る2月のある日のこと・・・。

年に一度だけ、中学の同級生と4,5人で集まり、小さな同窓会をやっています。年々、お腹が出てきたり、子供がどーのとか、転職の話題になったりと、話は尽きないのですが、驚く出来事がありました。

「あれ?お前、髪の毛なんか増えてない?」

「うん。なんか育毛剤がヒットした(笑)」

彼は、どちらかというと、学生時代の頃からちょっと・・・なんですが、若い頃は、そこにソリコミなんか入れてたもんだから、さらに・・・な感じでした。

社会に出てからも、私達の先頭を走ってくれる、おでこが・・・な彼なんですが。

あきらかに増えてるっ!!!!それでも、僕らよりは・・・なんですが、見た目でわかるくらいに変わってたんですよ。

この一年の間に何があったのか聞いてみたら、彼はこっそりと私に耳うちしてくれた。

「ブブカだよ」

もちろん、周りも育毛剤なんか使ってるの知らなかったから、びっくり。実際には、彼も三年前から、いろいろとやっていたらしい。俺と同じくらいだ(笑)

ともあれ、これで私も欲しい気持ちは固まった。ちなみに、彼には、今日まで髪の相談はしたことなかった。やっぱり群を抜いて・・・だったので、髪ネタはてっきりNGだとばかり思ってた。

「あ、早く言えばいろいろ教えてあげたのに~」

意外にも身近なところに、こんなに頼りになるアドバイスをくれる友達がいたなんて・・・。今日まで、彼に気を使っていたことが申し訳ない・・。

もちろん、このことがきっかけで家に帰ってすぐにブブカの注文をした。これが長らく欲しかった育毛剤との出会いの始まりだった。